インドの無人機が領空を「侵犯」、中国国防省

インドの無人機が領空を「侵犯」、中国国防省

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/12/07
No image

インド軍の無人機(2017年3月9日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】中国国防省は7日、インドの小型無人機(ドローン)が中国の領空を「侵犯」し、墜落したと発表した。

中国西部戦区連合参謀部の張水利作戦局副局長は、「今回のインドの動きは中国の領土主権を侵害した。不満と抗議を強く表明する」との声明を発表した。無人機が飛来した日時や場所についての詳細は明らかにしなかった。

張副局長によると、国境に展開する中国軍は「専門的で理性的な対応をした」上で、無人機の特定・検証を行ったという。

在北京インド大使館はAFPの取材に応じなかった。

中印関係は今年7~8月、ヒマラヤ山脈の係争地ドクラム高地で両軍がにらみ合い、一時は1962年にインド北東部アルナチャルプラデシュ州をめぐって衝突した中印国境紛争以来、最も深刻な状況に発展したが、8月末に双方が軍を撤退させることで合意している。ドクラム高地は中国と、インドの同盟国であるブータンが領有権を主張している。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日系車の安全性が劣るかどうかは、マツダ車をみれば分かる=中国報道
日本と中国、どちらも行ったことのある外国人が好きなのは・・・?=中国メディア
中国で小学生女児の“生ストリップ配信”が大流行! 視聴者の求めに応じて胸元を......「面白いからやってるの」
日本人3人が機内で騒いでチャイナエアライン機が引き返し 約4時間半遅れ
「アジアで最も高い木塔」が火災で焼失―中国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加