最新ランキングをチェックしよう
美術史の常識を変える発見...3500年前の石を磨いたら精巧なギリシャ彫刻が現れる

美術史の常識を変える発見...3500年前の石を磨いたら精巧なギリシャ彫刻が現れる

  • らばQ
  • 更新日:2017/11/21

2015年にギリシャ南西部で、紀元前1500年ごろの青銅器時代の墓が発見されました。「グリフィンの戦士」と名付けられた人物の墓には3000点を超える埋葬物があったことから、この石灰岩で覆われた小さな石は特に注目されることもなく、保管庫に放置されていました。ところが保存のために石を磨いていたところ、恐ろしく精巧な彫刻が現れたのです。それは美術史の常識を覆すほどの発見でした。[この記事のすべての動画・

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダボス会議でトランプ氏賞賛の声、政策を高く評価
ウォール・ストリート・ジャーナル
日本とアルゼンチン、租税条約締結へ交渉開始
TPP11カ国会合 米を除く新たな協定の署名式を3月に
欧州訪れる中国人観光客が2桁増、現地で直面する問題とは?―中国メディア
米バーモント州で大麻解禁、知事が「個人の自由の問題」と発言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加