Nokia、スマホ市場で復活〜第4四半期販売台数はGoogleやソニーを上回る

Nokia、スマホ市場で復活〜第4四半期販売台数はGoogleやソニーを上回る

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/02/15
No image

一度はスマートフォン市場から姿を消したと思われたNokiaブランドが、本格的に復活しつつあります。調査会社Counterpointの調べによれば、同ブランドのスマートフォンは2017年第4四半期(2017年10‐12月)に世界全体で440万台販売され、市場シェアは1%となりました。

2017年1月に再参入したNokia

かつて携帯電話で世界市場を席巻したNokiaですが、その後スマートフォン戦略が機能せず、2014年には携帯電話事業をMicrosoftに売却しました。

しかしMicrosoftも携帯電話ビジネスで失敗、2016年5月に多機能携帯電話(フィーチャーフォン)関連の資産を、中国FIH Mobile(富智康集団)とフィンランドHMD Globalに売却しています。

そして2017年1月、HMD GlobalがNokiaブランドのAndroidスマートフォンで市場に再参入すると発表。その後着実に売上を伸ばしていることが、調査会社IDCの報告でも判明しています。

出荷台数でソニーやGoogleを上回る

Counterpointのアナリスト、ニール・シャー氏は、2017年第4四半期におけるHMD GlobalによるNokiaブランドスマートフォンの出荷台数は、同四半期のHTC、ソニー、Google、Alcatel、Lenovo、OnePlus、Gionee、Meizu、Coolpad、Asusの、いずれのブランドのスマートフォンよりも多かったと伝えています。

Talking about smartphones performance, in Q4 2017, @HMDGlobal sold more Nokia branded phones globally and is now bigger smartphone brand than following individual brands:

HTC
Sony
Google
Alcatel
Lenovo
OnePlus
Gionee
Meizu
Coolpad
Asus
— Neil Shah (@neiltwitz)
February 12, 2018
from Twitter

また同氏によれば、Nokiaブランドはスマートフォンだけでなく、フィーチャーフォンの出荷台数も伸ばしています。1年前には世界市場においてどちらのシェアも0%だったのが、2017年第4四半期にはスマートフォン市場ではシェア1%で11位、フィーチャーフォンではシェア15%で首位、両方を合わせると携帯電話市場ではシェア5%で6位と、見事な復活を遂げています。

No image

Update on @HMDGlobal & @nokiamobile . A huge comeback story:

Q4 2017 Global Rankings & Share from #0 & 0% a year ago..

#1 Feature Phone Brand – 15% share (Actually grew the global FP market in 2017)
#11 Smartphone Brand – 1% share
#6 Mobile Phone (SP+FP) Brand – 5% share
— Neil Shah (@neiltwitz)
February 12, 2018
from Twitter

Source:TechRader
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
360度カメラで思い出をまるごと記録!雪山向けの個性派カメラ【春スキーに行こう】
画面占有率91%の衝撃──HUAWEIのMacBook Pro対抗機「MateBook X Pro」インプレ
Excelはもう古い?ビジネスマン必見のデータ分析最強ツールとは
ファーウェイがMateBook X Pro発表、キーボード部に跳ね上げ式カメラを備えた薄型ノートPC第2弾
環境省、のん(能年)起用で「Non温暖化!」の攻め過ぎPR動画が話題沸騰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加