サッカー元日本代表・闘莉王が相撲初観戦 生の取組に感激「日本人の魂もらった」

サッカー元日本代表・闘莉王が相撲初観戦 生の取組に感激「日本人の魂もらった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/07/18
No image

観戦に訪れた田中マルクス闘莉王(右)と握手を交わす御嶽海

「大相撲名古屋場所・10日目」(17日、ドルフィンズアリーナ)

関脇御嶽海が平幕の輝を盤石に寄り切って10連勝に伸ばし、9場所連続10度目の三役で初めて2桁勝利を挙げた。1差で追っていた朝乃山が敗れたため、後続に2差をつけてトップを独走。1場所15日制が定着した1949年夏場所以降、初日から10連勝以上した関脇は15人全員が大関以上になっており、大関昇進の確率は100%となった。

サッカーの元日本代表DF田中マルクス闘莉王(京都)が大相撲を初観戦した。大の相撲好きで、帰り際には同じブラジル出身の魁聖と記念撮影。「一瞬にかける集中力は勉強になる。日本人の魂をもらった」と、生の取組の迫力に感激していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢、仙台で復興祈願土俵入り「温かい気持ちになれた」
稀勢、鶴竜と仙台で復興土俵入り「元気になってもらえれば」
右膝痛の白鵬、手術回避も「爆弾を持っているのは間違いない」
稀勢 左かかと負傷で取組外れるも「だいぶ良くなってきた」
武藤敬司、白鵬と病院でバッタリ さて、2人の「共通点」は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加