日本女子、韓国撃破で無傷の3連勝! 第9エンドに逆転/カーリング

日本女子、韓国撃破で無傷の3連勝! 第9エンドに逆転/カーリング

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/16

平昌五輪第7日(15日、江陵カーリングセンター)カーリング女子1次リーグでLS北見の日本(世界ランク6位)が開催国の韓国(同8位)を7-5で下し、無傷の3連勝。終盤に逆転し、大きな1勝を手にした。1次リーグは10チームの総当たりで争われ、上位4チームが準決勝に進む。

日本はリード吉田夕梨花(24)、セカンド鈴木夕湖(26)、サード吉田知那美(26)、スキップ藤沢五月(26)のメンバーで臨んだ。

【第1エンド】

先攻は日本。リードの吉田夕が1投目で、ハウス手前にガードストーンを置くと2投目で韓国のストーンを弾き出してハウスの中にストーンを置く。韓国はセカンドの2投目でダブルテークアウトを狙うも一つに終わる。最終ショットでハウス内に日本はNO・1、2を残して3点を狙える状況。最終的には韓国のラストショットが良いラインでハウス内に入るも、NO・2となり日本がスチールで1点を先制した。日本1-0韓国。

【第2エンド】

1エンドで日本が得点したため先攻。リードの吉田夕が1投目でハウス中央手前にNO・1を置く。両チーム1投ずつを残してNO・1は韓国、NO・2、3は日本。最終ショットをスキップ藤沢が投じて、韓国のナンバー1を弾き出して日本がNO・1、2に。しかし、韓国のラストショットでダブルテークアウトされ2点を奪われた。日本1-2韓国。

【第3エンド】

日本は後攻。サード吉田知の2投目はヒット&ロールで相手ストーンにうまく当ててガード裏に置く好ショット。最終ショット前までに韓国がNO・1、日本がNO・2。藤沢が最終ショットで韓国のNO・1を弾き出したが、やや外に外れるミスショット。複数得点はならず1点に終わった。日本2-2韓国。

【第4エンド】

日本は先攻。サードの吉田知が連続で相手のストーンをはじき出すテークアウトショットを決めた。スキップ藤沢が最終ショットで、ブロックを掻い潜り韓国のNO・1を弾き出す好ショット。しかし、韓国はラストショットで日本のNO・1を弾き出して1点を得た。日本2-3韓国。

【第5エンド】

日本は有利な後攻。セカンドの鈴木が1投目で韓国のNO・1を弾き出しにかかるもブロックに当たるミス。さらに第2投で玉突きで自チームのストーンをハウスから出してしまった。しかし、サード吉田知が1投目でハウス中央のストーンを含むダブルテークアウトに成功。最終ショット前には韓国がNO・1、2、3の状況だったが、スキップ藤沢が絶妙な最終ショット。プレッシャーを跳ねのける一投で見事にNO・1を奪い1得点。日本3-3韓国。

【第6エンド】

日本は先攻。スキップ藤沢が最終ショットでストーンをハウス中央に置く巧いショットを見せる。最終ショットを終えてハウス内に5つのストーンを散りばめて配置できた。韓国は1点を取りに行くしかなく、日本は最少失点で切り抜けた。日本3-4韓国。

【第7エンド】

日本は後攻。韓国がNO・1の状況でサード吉田知の1投目、勢いあるショットでダブルテークアウトに成功。NO・1は日本、NO・2、3が韓国。吉田知が連続でテークアウトを狙い、状況を良くしたが、スキップ藤沢の最終ショットは伸びすぎてしまいN0・2に。序盤から優位に韓国に運ばれてしまい1点をスチールされた。日本3-5韓国。

【第8エンド】

日本は後攻。サード吉田知の2投目は、韓国の2つのストーンの手前に置くショットとなりNO・1に。韓国スキップの2投目で日本のNO・1を弾き出し、NO・1、2、3に。スキップ藤沢の最終ショットで韓国NO・1をなんとか弾き出してNO・1を奪取して1点。日本4-5韓国。

【第9エンド】

日本は先攻。サード吉田知の1投目でガードの裏を巻いて入るNO・1ストーン前に置くショット。日本のNO・1、2となる。吉田知は2投目でNO・1を隠すためのガードを置きに狙うが少し位置がずれる。韓国スキップの1投目で空いたコースを狙ってNO・1奪取。スキップ藤沢が最終ショットでNO・1を弾き出しつつガード裏へNO・1を置くナイスショット。最後は韓国スキップの第2投は、ハウスを通り過ぎてしまうミスショットで、2点のスチールに成功。日本6-5。

【第10エンド】

日本は先攻。セカンド鈴木の2投前にタイムアウト。日本はガードを置く作戦を選び鈴木が中央手前にガードを設置した。スキップ藤沢の1投目は韓国のNO・1を弾き出しハウス中央に。韓国スキップの1投はガードにぶつけてしまうミスショット。藤沢の最終ショットはNO・1を守るように中央をガード。最後は韓国スキップがテークアウトを狙ったがコースが外れる。日本が1点のスチールに成功した。日本が7-5で韓国を下した。

No image

第10エンド、ストーンを投げるスキップの藤沢五月=江陵カーリングセンター(撮影・納冨康)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カー娘支え続けた“創設者”マリリンの力 3度目の五輪で輝いた“太陽の笑顔”
早くも“美余ロス”NHK「美女解説」終了 最後は「この五輪を見た子供たちが」と願う
カーリング女子。マナーを知らぬ韓国ファンが、逆に日本の勝利を呼ぶ
チーム創設者マリリンも万感涙「カーリングは4年に1回だろって言われるけど」
カーリング女子日本代表に帯同する、あのイケメン外国人は何者か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加