Fedora 31、rootのSSHログインをデフォルト禁止へ

Fedora 31、rootのSSHログインをデフォルト禁止へ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/06/25
No image

Fedoraプロジェクトは6月22日(米国時間)、「Issue #2133: F31 System-Wide Change: Disable Root Password Login in SSH - fesco - Pagure.io」において、OpenSSHのデフォルト設定を変更し、パスワードベースでのrootログインをデフォルトで禁止するように設定を変更すると発表した。他のLinuxディストリビューションの多くはすでにそうした設定がデフォルトになっており、Fedoraもこの動きに追従した形になった。Fedora 31から変更が適用されるものと見られる。

OpenSSHのデフォルト設定としては2015年の段階ですでにパスワードベースでのrootログインを禁止している。しかしFedoraではそれまでのデフォルト設定に合わせる形で、rootに対するパスワードログインを許可する設定を続けていた。

Fedora 31以降もパスワードによるrootログインを許可する場合には設定ファイルを変更する必要がある。なお、設定を変更することでrootに対してパスワードによるログインを許可することはできるが、一般的にはパスワードベースのログインではなく公開鍵を使ったログインを行う方法が推奨されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【Amazonプライムデー】Chromebookがなんだかわからなくてもポチっていいレベル
VR対応『テトリス エフェクト』のPC版が海外発表! Epic Gamesストアにて予約開始
Cooler Master、前面メッシュパネルで通気性を高めたPCケース
PC版『PUBG』高所に登れる「レッジグラブ」、連携の助けとなる「Ping」「ラジオメッセージ」等を追加するアップデート#30を実施
初音ミクデザインのノートPCがAcerとDellから同時デビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加