ポルシェCEO、フラッグシップモデル「911」のPHV版を開発中と発言。発売は2023年頃?

ポルシェCEO、フラッグシップモデル「911」のPHV版を開発中と発言。発売は2023年頃?

  • Engadget
  • 更新日:2017/12/07
No image

ポルシェが、フラッグシップスポーツカー「911」のPHVバージョンを計画しています。ポルシェのオリバー・ブルーメCEOは、現在開発中の911(2019年モデル)の4年後、2023年ごろの投入予定とAutomotive Newsに語りました。Automotive Newsは、まだ911クーペのハイブリッド化は最終決定されていないとしつつも、CEOの「911がプラグイン・ハイブリッド化することは、非常に重要だ」という言葉を紹介し、PHV化の可能性が濃厚であることを伝えました。

バッテリー技術は近年、EV需要の伸びもあって向上しています。ロサンゼルスモーターショーでポルシェが発表したパナメーラ ターボSEハイブリッド・スポーツツーリスモは14.1kWhのバッテリーを搭載し、電気のみでも最大49kmの距離を走れます。

しかし、それはそれ。なぜスポーツカーの代名詞とも言える911にPHVが必要なのかは、顧客の観点からはやや疑問が浮かぶところかもしれません。考えられる理由のひとつは燃費かもしれません。現行モデルの911カレラの燃費は一般道で約8.5km/l、高速道路でも12km/l前後であり、お世辞にも良いとはいえません。

ただ、911が燃費を気にして乗るクルマかと言われればそのとおり。むしろ、英仏独中などが打ち出している将来的なガソリン車販売禁止への備えと見るのが正しいのかもしれません。少なくとも英国はガソリンおよびディーゼル車は禁止でも、エンジンを搭載するハイブリッド、PHVは販売可能としています。

ちなみにポルシェは2016年にも911を含む全車種をハイブリッド化するとルッツ・メシュケCFOが発言しています。一方で、もう一つの自動車業界のトレンドである自動運転に関してはブルーメCEOが「魅力的ではない」としていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Apple「iMac Pro」約60万円から
簡単操作でウェブ上にデータベースを作成して視覚的に操作もできる「Airtable」を使ってみた
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
週刊アスキー特別編集『2018パソコン自作特大号』
ポルノの主戦場が雑誌・DVDからオンラインへと進化することよって環境負荷が上がっている可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加