小平、1000は銀メダル!高木美帆は銅でダブル表彰台/スピード

小平、1000は銀メダル!高木美帆は銅でダブル表彰台/スピード

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

平昌五輪第6日(14日、江陵オーバル)スピードスケート女子1000メートルで、世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル。1500メートル銀メダリストの高木美帆(23)=日体大助手=は1分13秒98で銅メダルで、ダブル表彰台となった。ヨリン・テルモルス(28)=オランダ=が五輪記録の1分13秒56で金メダルを獲得した。

スプリント女王の小平が、世界一への足がかりを築いた。不利と言われるアウトからのスタート。200メートルの通過は17秒67。トップスピードに乗り、600メートルまでのラップは26秒88とこの時点ではテルモリスを上回るタイムだった。しかし、最後の1周ではカーブでバランスを崩す場面もあって、伸びきれず29秒27かかった。

2010年バンクーバー大会から3大会連続の五輪。過去2回の個人種目では最高5位にとどまった。スタートラインに立ったときの気持ちは過去2大会とは違う。今回は世界記録保持者の風格が漂う。長い距離で手応えをつかめば、本職の短距離に自信が持てる。1500メートルでは低地リンクの自己ベストで入賞。描いた通りの展開だった。不利とされるアウトレーンからスタートしたが、今の小平には関係なかった。今大会は日本選手団の主将。18日の500メートルは国内外のレースで昨季から24連勝中。今度こそ頂点をつかんでみせる。

銅メダルの高木美帆の話「1000メートルでの低地自己ベストを出せた。掲示板で2番を確認したときは1番を取れなかったと思ったけど、レース内容はこの体の状況で自分が想定していた以上のレースができた。1500メートル以上に自分を褒めてあげたい」

No image

女子1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒=江陵オーバル(撮影・松永渉平)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦、「ぶっつけ本番」で優勝の裏に知られざる「秘密」...説明不可能な事態
岡村隆史が「嫌なら見るな」発言を謝罪
「羽生君より大物かも」 宇野昌磨「失敗した時点で笑いが込み上げてきた」...天然発言連発にネット興奮
ロシア人「道端で子猫が凍り付いてる!」解凍してあげると...驚くほど美しい毛並みだった
桑子真帆アナ「発見」される なぜか俳優・和田正人と一緒だった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加