最新ランキングをチェックしよう
朝原宣治と伊東浩司。日本男子短距離界のパイオニアが開いた扉

朝原宣治と伊東浩司。日本男子短距離界のパイオニアが開いた扉

  • Sportiva
  • 更新日:2019/09/18

PLAYBACK! オリンピック名勝負―――蘇る記憶 第8回東京オリンピックまで、あと1年。スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典が待ち遠しい。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あのときの名シーン、名勝負を振り返ります。◆ ◆ ◆ 男子100mで、日本は、1964年東京五輪と68年メキシコシティ五輪の両大会で飯島秀雄が準決勝に進出して以来、1996年のアトランタ五輪まで2次予選の壁を破

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森保監督6時間かけて松本戦視察「途中、崖崩れが」
丸山桂里奈 W杯優勝後、突然訪れた恩師との別れに涙「ひと目でもいいから会いたかった」
丸山桂里奈、東電時代の元上司への後悔語り涙「こんなに心残りが......」
バッハって何様? 東京五輪マラソン札幌開催を“強行突破”したIOCの無責任
市立船橋の守備、雰囲気変えつつある2年生CB石田侑資、U-17代表DFのように「頼もしい」CBへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加