山下智久「インハンド」好スタートもSNSで飛び交った“唯一の不満”

山下智久「インハンド」好スタートもSNSで飛び交った“唯一の不満”

  • アサジョ
  • 更新日:2019/04/17
No image

4月12日に放送された山下智久主演のテレビドラマ「インハンド」(TBS系)の視聴率が、11.3%だったことがわかった。この数字は、金曜ドラマとしては好スタートだという。

「金曜ドラマの初回視聴率としては、前クールで12.7%だった『メゾン・ド・ポリス』より下回ったものの、昨年の『チア☆ダン』8.5%や、『大恋愛』10.4%は上回りました。またこの日は、裏でジブリ映画の『風立ちぬ』が放送されていましたから、2ケタ視聴率は十分な好スタートと言えるでしょう」(テレビ誌記者)

同ドラマは、山下演じるロボットハンドの義手を持つ変わり者の天才科学者が、難事件を解決するというサイエンスミステリーである。放送後は、菜々緒や濱田岳などの演技や、脚本などに好評の声があがる一方、ある点において辛辣な意見も飛び交ったという。

「今回、山下は変わり者の天才を演じているため、感情を抑えた演技をしています。しかし声が小さいことで、SNSでは『山Pの声が聞き取りづらくて字幕がないと見られない』『そういう役なんだろうけど、ドラマなんだから聞き取りやすい演技をしてほしいな』と、演技に関する不満が殺到しました。するとジャニーズファンからは『台詞が聞き取れないって、老人だけでしょ笑』『そのうち修正してくるよ。山Pは努力家だから』と反論や擁護の声もあがっています」(前出・テレビ誌記者)

大ヒットした「コード・ブルー」に続き、無愛想で才能ある男を演じる山下。はたして最終回までに、視聴者を納得させる演技を見せることができるだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
菅田将暉・欅坂46菅井友香ら、局の垣根を越えて豪華出演 総合司会は三四郎&千葉美乃梨アナ
主演ジャニーズが格好よすぎたドラマ1位は...!?
胸が当たってる?キンプリ永瀬廉とゆきぽよの距離感にジャニオタ大激怒!
クロちゃん、京都で出会った女性に「彼氏いる?」とゲス質問!『充電させてもらえませんか?』
華丸「あさイチ」“留守”に 大吉&代役ケンコバで初「なつぞら」受け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加