Sealegsの水陸両用ボートに電動バージョンが登場!

Sealegsの水陸両用ボートに電動バージョンが登場!

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/10/21
No image

水上を颯爽と走り、岸まできたら今度は備え付けのタイヤで陸を走る−。そんな水陸両用のボートを展開しているニュージーランド拠点のSealegsはこのほど、電動バージョンの「Electric E4」を発表した。

回生ブレーキシステムやソーラーパネルも搭載した、かなりエコなボートとなっている。

・メーンは水上走行

No image

この水陸両用ボートは主に救助艇として活用されている。前に1輪、後ろに2輪の計3つのタイヤを備え、水上ではタイヤを上に持ち上げた状態で走る。

どちらかというとボートとしての機能がメーンだが、砂浜の岸に自力で上がれるというのは、他のボートには見られない機能だ。

・フル充電で1.5時間走る

No image

開発元によると、今回の電動バージョンは48ボルト7 kWhのリチウムバッテリーを搭載し、4〜5時間の充電で1.5時間の走行が可能とのこと。水上での推進力確保のために150馬力のエンジンも搭載している。

また、新たに24インチのタッチスクリーンパネルも搭載され、タイヤを出したり収納したりといった操作がボタンタッチで行える。

デモビデオを観ると、岸に近づいたところでボタンをタップしてタイヤを下げ、砂浜に乗り上げることがいとも簡単にできる。これだとドックなどは不要となりそう。

Electric E4のトップスピードは陸上で時速10キロ、水上では時速74キロも出る。サイズは長さ7.3メートル、幅2.7メートル。ボートそのものの重さは1390キロで、最大ペイロードは700キロとなっている。

最大8人まで乗ることができ、救助艇としてだけでなく、レジャーでも活躍しそうだ。

Sealegs

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サイバーセキュリティー担当大臣にも関わらず「PCを触らない」「USBが何か知らない」日本の政治家に世界中が騒然
「無限に都市が生成されるアルゴリズム」で生成された都市を自由に歩き回ってみた
「スマートトイレ」競争が別次元に突入! 排泄物スキャンで病期診断、水要らず、AIも... ビル・ゲイツ参戦で日本メーカー危うし!
いまさら聞けない格安SIMのメリットとデメリット
オーディオテクニカ、USB端子に挿すだけで電源のノイズをカットできるアダプターを発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加