葛飾区議選 40人の顔ぶれ決まる、区長選は現職の青木氏が3選

葛飾区議選 40人の顔ぶれ決まる、区長選は現職の青木氏が3選

  • 政治山
  • 更新日:2017/11/20

任期満了に伴う葛飾区長選(東京都)は12日投票、13日開票が行われ、無所属現職の青木克徳氏(68)=自民、公明、民進推薦=が10万7,794票(得票率68.3%)を獲得し、無所属新人で会社社長の木原敬一氏(64)=共産支持=を破り、3選を果たしました。

青木氏は東京都葛飾区出身、都立葛飾野高校卒。葛飾区役所職員として地域振興部長、政策経営部長、収入役などを歴任。2009年の葛飾区長選で初当選しました。現在2期目。

同日に行われた区議選は、定数40に対し59人が立候補し、現職30人、新人8人、元職2人が当選しました。党派別では、自民12、公明9、共産5、民進2、維新1、都ファ1、NHKから国民を守る党1、無所属9で、女性の当選者は12人です。

当日有権者数は37万2,329人、区長選の投票率は前回(2013年)を1.95ポイント上回る43.61%、区議選は前回(2013年)を1.95ポイント上回る43.62%でした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「パンチラ撮らせて!」真っ昼間から女子生徒にムチャぶり 品川
貴乃花親方のファッシッョンに芸能記者も動揺
新天皇「5月1日即位」なら国民に明暗 「GW消滅確定」「10連休が発生するかも」
自転車に気付かず...小6男児トラックにはねられ死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加