スパーズ監督、メッシへの重圧に理解示す「大きな責任を感じていた」

スパーズ監督、メッシへの重圧に理解示す「大きな責任を感じていた」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/10/12
No image

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督【写真:Getty Images】

トッテナムを指揮するマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、母国のアルゼンチン代表がW杯出場を決定させた試合について語った。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

10日に行われたロシアW杯南米予選最終節のエクアドル戦を、アルゼンチン代表はエースFWリオネル・メッシの3得点で3-1と快勝した。前半1分に相手に先制点を取られてからの逆転勝利であったために、劇的な試合ともいえる内容であった。

その試合を見ながら「寝てしまった」と語るポチェッティーノ監督は、それでもメッシが背負っていた大きな重圧に気づき、理解を示している。

「試合を見ながら寝てしまった。子供たちが起こしてくれたけど、最初のゴールは見逃してしまった。そのあとメッシのゴールを見た。メッシは、エースでありながらアルゼンチンをW杯に出場させることができないことに大きな責任感を感じていた。もし敗退していたら、それは受け入れがたいことだったと思う」

他にもポチェッティーノ監督は「どんな人でもメッシやアルゼンチンの強さを知ればそれを信用することになる」と語るなど、母国の代表チーム、そしてそのエースの力に大きな期待を寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プレミア&セリエA首位クラブが激突!シティのペップ「面白い試合になると確信している」
メルテンス妻が超大胆発言!「ベッドではエキセントリック」「列車のトイレで...」
メッシのデビュー13年をリーガ公式が名場面動画で称賛 「フットボールの歴史が変わった」
自身もバロンドール候補にノミネートも...イスコ「受賞にふさわしいのはC・ロナ」
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加