最新ランキングをチェックしよう
ブタ胚の遺伝子編集は、移植臓器の不足を解決?!

ブタ胚の遺伝子編集は、移植臓器の不足を解決?!

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/08/15

ブタの内臓は人間のものと同じ大きさで、機能的にも同様になっている。そこで、ブタの臓器を人間に移植できないかという発想が出てくるわけだが、これにはなかなか難しい問題があった。移植した際に、豚の細胞内に潜むウィルス性疾患が顕在化することがあったからだ。しかし、どうやら対処する可能性が見えてきたようだ。遺伝子編集(CRISPR-Cas9)を施した豚についての記事がScienceに掲載されている。研究を行

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本初、保険適用の「医療アプリ」が世界の救急現場を変える
気象予測を10分ごとに更新 より正確な予報を可能に
人間には病気を察知する不思議な第六感がある。それは写真からでも見分けられる。(スウェーデン研究)
東北大、ショウジョウバエを用いて器官を丸ごと作り変える再生現象を解明
イプシロン打ち上げ成功 民間衛星“驚きの性能”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加