最新ランキングをチェックしよう
ブタ胚の遺伝子編集は、移植臓器の不足を解決?!

ブタ胚の遺伝子編集は、移植臓器の不足を解決?!

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/08/15

ブタの内臓は人間のものと同じ大きさで、機能的にも同様になっている。そこで、ブタの臓器を人間に移植できないかという発想が出てくるわけだが、これにはなかなか難しい問題があった。移植した際に、豚の細胞内に潜むウィルス性疾患が顕在化することがあったからだ。しかし、どうやら対処する可能性が見えてきたようだ。遺伝子編集(CRISPR-Cas9)を施した豚についての記事がScienceに掲載されている。研究を行

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
BH生成のミッシングリンク発見? 慶応大学が中質量ブラックホール候補確認
意味が分かると怖い話(遊んでいたら・・・)
産総研、ゾウムシの外骨格が硬いのは共生細菌によることを解明
ペロブスカイト太陽電池に光をあてると劣化から回復する可能性
子どもの頃の経験がDNAを改変させる(米研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加