エレコム神戸が接戦制す QB糟谷が決勝のTDパス

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

<アメリカンフットボール:Xリーグ:エレコム神戸7-0アサヒ飲料>◇リーグ戦第3節◇17日◇神戸市王子スタジアム◇日刊スポーツ新聞社ほか主催

エレコム神戸が接戦を制し2勝1敗と白星を先行させた。アサヒ飲料は1勝2敗となった。

前半は拮抗(きっこう)した展開となり、0-0で折り返した。後半からエレコム神戸はRBジョーダン・カンザリのランを中心にテンポ良く進める。第3クオーター(Q)4分27秒にQB糟谷啓二郎がWR和田俊亮(しゅんすけ)への3ヤードTDパスを決め、そのまま逃げ切った。

狩野良太ヘッドコーチ(32)は「なかなかエンジンがかからず、テンポ良くドライブできなかった。これからも貪欲に勝利を求めてやっていきたい」と次節10月9日のIBM戦を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
G大阪 ミスで自滅 追い上げるもあと1点...守護神・東口ガックリ
筑波大の“ジャイアントキリング”終わる J1大宮に敗れ8強入りならず
CKからドンピシャヘッドも...筑波大DF鈴木大誠「自分のせいで負けた」
井手口の不敗神話が崩壊...G大阪、柏に敗れ8強ならず/天皇杯
大宮の監督の目に留まった「小さい頃から知っていた」筑波大のある選手とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加