中日荒木「1回でいい」2000安打でオフは大忙し

中日荒木「1回でいい」2000安打でオフは大忙し

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

自主トレでキャッチボールを行う荒木(撮影・前岡正明)

中日荒木雅博内野手(40)が12日、故郷・熊本から戻りナゴヤ球場で自主トレを行った。

ランニングや今年初のキャッチボールなどで汗を流した。23年目のベテランは「熊本でも走ったりしていた。いつもは振るバットは振っていない。ここ4、5年はシーズン終盤に尻すぼみになった。4月の開幕に合わせて遅めのスタート。1年間完走できるように。じっくり1個1個つくっていきたい」。昨年6月に2000安打を達成し、オフはあいさつ回りやイベントに引っ張りだこ。「このオフは忙しかった。2000安打は1回でいいや」と笑った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
現役生活21年。井口資仁がもっともスゴいと感じた選手とは
ロッテ田村にノルマ打率.280“ずっと8番じゃダメ”
ソフトB高橋礼「レオキラーになる!!」
Qちゃんに学んだ!ロッテ・佐々木、今季はスマイル全開
DeNAドラ6寺田 大学再受験、バイト、独立L...26歳でつかんだ夢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加