最新ランキングをチェックしよう
「物語としてしか命を持ちえない作品」――エキセントリックな女性編集者が「恋」と「世界」を知る。読み手を選ぶ異色作!?  西加奈子『ふくわらい』

「物語としてしか命を持ちえない作品」――エキセントリックな女性編集者が「恋」と「世界」を知る。読み手を選ぶ異色作!? 西加奈子『ふくわらい』

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/11/12

『ふくわらい』(西加奈子/朝日新聞出版社)
 暗闇での「福笑い」を唯一の趣味としている一風変わった女性・鳴木戸定(なるきど・さだ)が「世界に恋する」までを描いた小説『ふくわらい』(西加奈子/朝日新聞出版社)。
 本作は、第1回「河合隼雄物語賞」に選ばれている。その賞の受賞作を決めるにおいて、選者である小説家・上橋菜穂子さんは本作を「物語としてしか命を持ちえない作品」と評した。本作を説明するにあたり

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前
【画像19選】ネコはイヌのことを枕だと思っていることがよく分かる証拠
風邪気味なのにプール脇で2時間見学→熱中症で帰宅して倒れる 小学生の母親が怒りのツイート
父から広めて欲しいと送られてきた「土砂を土嚢袋に簡単に入れる方法」動画が話題に!【災害ライフハック】
“リア・ディゾンの再来”アンジェラ芽衣、最高級ボディで釘付け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加