大谷 ソフトB優勝見届ける「やっていて怖さがある」

大谷 ソフトB優勝見届ける「やっていて怖さがある」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇パ・リーグ 日本ハム6―3オリックス(2017年9月16日 札幌ドーム)

No image

<日・オ19>7回2死二塁、中田の左前打で生還した大谷。最初アウトの判定もアピールし、リプレー検証の末、セーフに

日本ハム・大谷が打って、走って勝利を呼んだ。2―3の3回に左前に同点適時打。2点リードの7回には中堅フェンス直撃二塁打で出塁し、続く中田の左前打で生還した。

リプレー検証でセーフとなったプレーに「あそこは止まらずにホームにいかないといけなかった」と反省しつつ「出塁できたのは良かった」。試合後、テレビ中継でソフトバンクの優勝を見届け「毎年、毎年強い。やっていて怖さがある。素晴らしいチーム」と称えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ハンカチにならなくてよかった」!?清宮幸太郎「プロ志望表明」に賛同の嵐
本命は?セ・パ12球団ドラフト1位候補
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
【 TGS2017】東京ゲームショーレポート2
Scoopie News(スクーピーニュース)
辛い二日酔い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加