松戸市、松戸に来たお姫様が主人公のノベルゲーム「秋葉原まで13時間」でコミケ初参戦!

松戸市、松戸に来たお姫様が主人公のノベルゲーム「秋葉原まで13時間」でコミケ初参戦!

  • MdN
  • 更新日:2016/12/01
No image

「秋葉原まで13時間 ~姫はゲームを作りたいっ!~」

松戸市は11月30日、コンテンツ産業振興事業として、コミックマーケット91(コミケ)にノベルゲーム「秋葉原まで13時間 ~姫はゲームを作りたいっ!~」を出展すると発表した。日程は12月29日〜31日。

本作は、松戸が秋葉原や池袋に近く、生活コストも安いために、創作活動において利点が大きいことをアピールするための作品。

出展者は松戸コンテンツ事業者連絡協議会、制作は株式会社キッチンガイズファクトリーで、ゲーム内容は、松戸の高校に留学生としてやって来たオタクのお姫様プリンセス・ルイーゼが、同人作家の高校の友人と一緒にゲームを作るというもの。

出展ブースではグッズの配布や献血応援イベントへのポスターの提供、確定申告に向けた無料税務相談も開催する。

アプリについては、コミケに出展した後、1月末からiOS/Android版がそれぞれApp Store・Google Playで無料ダウンロードできるようになる。

発表資料

URL:http://www.city.matsudo.chiba.jp/miryoku/kankoumiryokubunka/rekisi-bunka/bunka/contents.html

「秋葉原まで13時間 ~姫はゲームを作りたいっ!~」

URL:http://matsudocontent.jp/13h/

2016/12/01

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なんだこれ―「FF風のカップヌードルCM」、日清とスクエニが近所のよしみで制作
帽子をかぶったコーギーがあまりにもかわいかったので、コラ職人頑張る
テレビ局発のゲーム会社「フジゲームス」が挑む新たな試み
PS4『パラッパラッパー』2017年国内発売決定!12月5日からは体験版の配信も
「PlayStation VR」12月17日から追加販売を開始!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加