ソフトバンクの東浜がハーラー単独トップの12勝目 柳田が27号先制3ラン

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/10

「ロッテ5-6ソフトバンク」(10日、ZOZOマリンスタジアム)

ソフトバンクの先発、東浜巨投手がハーラー単独トップの12勝目を挙げた。自身シーズン最多勝利はこれまで9勝の5年目右腕はこの試合、6回1/3を投げ、7安打5失点も打線の援護と中継ぎ陣の力投で白星をつかんだ。

打線は初回、4番の柳田がセンターバックスクリーンへの特大27号3ランで先制。1点差となった四回には、上林、明石の連続適時打で3点を奪った。

三冠王も狙える位置にいる柳田は、「(本塁打は)しっかりスイングをしようと思った。手応えは良かった。三冠王?それはあんまり意識しない。接戦で苦しい試合だったが、チーム一丸でいい試合になった」と振り返った。

ロッテは東浜から三回に角中の適時三塁打で2点をかえすと、五回には荻野の2号2ラン。1点差に迫ったが、その後はソフトバンクの強力中継ぎ陣の前に無得点に終わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトB投手陣、珍しい“公園練習” キャッチボールする子供を横目に...
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
阪神・糸井、緊急昇格も 2試合連続打点で復調アピール
阪神、藤浪が2軍降格で糸井が1軍昇格へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加