G大阪長谷川監督「持てる力出し切る」天皇杯V意欲

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

ガンバ大阪の長谷川健太監督(51)が17日、来季ACLの出場権を得ることができる天皇杯制覇に意欲をみせた。16日大宮アルディージャ戦は後半ロスタイムにFW長沢駿(29)のゴールで追いつく劇的ドロー。一夜明けたこの日は、大阪・吹田市内で調整した。

20日に天皇杯4回戦で柏と対戦する。長谷川監督は「リーグ戦でも自分たちより上位におり、強いチーム。ホームだが、厳しい試合になる」と予想。その上で「ACL(出場権)が懸かった大会。持てる力をすべて出し切りたい」と意気込んだ。今季限りで退任する指揮官だが、最後にタイトルをもたらす意欲は高い。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【J1採点&寸評】磐田 2-1 大宮|意表を突くFK弾で魅せた俊輔。痛みがあるとは思えないほどのキレ!
川崎に痛手...MF大島僚太が左ハムストリング肉離れ、約2カ月離脱へ
[関西]びわこ大は堂安→宮ゴールなどで2連勝、立命館大は10戦無敗:後期第2節
  • このエントリーをはてなブックマークに追加