多彩なシルエットで空間を彩るハーマンミラーの『ネルソンバブルランプ』

多彩なシルエットで空間を彩るハーマンミラーの『ネルソンバブルランプ』

  • @DIME
  • 更新日:2016/11/30

ハーマンミラージャパンは、『ネルソンバブルランプ(Nelson Bubble Lamp)』の受注を開始した。デザインは1945年から25年以上、ハーマンミラーのデザインディレクターを務めたジョージ・ネルソン(George Nelson)が担当している。価格は6万4000円(税別)~。

No image

1952年にジョージ・ネルソンがデザインした『ネルソンバブルランプ』は、様々な球形のシルエットを持ち、インテリアにソフトな輝きとエレガントな雰囲気を与える照明だ。

かつてネルソンは自分のオフィスに、シルクでカバーされたスウェーデン製のランプを購入しようと思ったが、高価であったため、もっと安いランプを作れないか考えた。そんな時、ニューヨークタイムズに掲載されていた、使用済みになったリバティ船に特殊プラスチックが噴霧されていた記事を思い出す。米軍のために開発された技術を使い、ネルソンはこのプラスチックを軽量なスチールのワイヤーに吹き付けたのだ。

ランプの第1試作品は、わずか2日で設計されたという。球状のフレームは穴あき素材のリングで作り、スチールワイヤーを挿入。こうすることで、張力の下でもシェープを維持できると同時に、最少のツールで創作が可能。溶接コストも不要だ。それから樹脂製のラッカーを吹き付けて、繊維状のくもの巣を作り上げ、最後にプラスチックのコーティングを塗布することでスムーズで透明な膜が完成する。こうして使用するパーツも少なく、溶接の手間も省いたため、生産コストを抑え、滑らかで透き通るようなシェードをもつ、さまざまなシルエットをもつエレガントなライトが生まれた。

No image

関連情報

http://www.hermanmiller.co.jp/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
ボルボカーズ世界販売0.6%減---XC90 新型は好調 11月
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
【カジノ解禁法案】経済効果は年2.1兆円 参考は観光大国・フランス...200施設へ拡大も規模小さく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加