栗山巧(西武)、井納翔一(DeNA)...。ベストナインでの得票数が「1票だけ」を深読み!?

【プロ野球】栗山巧(西武)、井納翔一(DeNA)…。ベストナインでの得票数が「1票だけ」を深読み!?

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2016/12/01
No image

ベストナインでの得票数が「1票だけ」を深読み!?

先日発表された2016年シーズンのベストナインは、大谷翔平(日本ハム)が投手部門と指名打者部門で史上初の二刀流受賞を果たし、話題をさらった。

そんななか投票結果をチェックしていたら、筆者的には「1票」だけ入っている選手が気になった。

ベストナインは「プロ野球取材歴5年以上の担当記者らの投票で決定」という選出方法があるので、記者も何かしら思うところがあったから投票したはず。

そこで今回は記者になったつもりで、得票数が「1票の選手」の理由を考えてみる。

■シーズンで活躍して…ナンボ?

パ・リーグの外野手部門で唯一の「1票戦士」だった栗山巧(西武)。

この票の意味は単純明快。プロ野球人生で初のオールスターゲーム出場を果たし、第1戦でホームランを打ったことが理由だろう。

これはとてつもないインパクトだったが、ダントツ首位打者の角中勝也(ロッテ)、35歳にして盗塁王を獲得した糸井嘉男(オリックス)、日本シリーズで超劇的グランドスラムを放った西川遥輝(日本ハム)などが相手では、栗山に票が入らなくても致し方ない。

■「ジャーニー的守備位置」の影響か

同じく西武からは、遊撃手部門で金子侑司に1票が投じられていた。

糸井と分け合ったとはいえ、初のタイトル・盗塁王を獲得したことが得票につながったと考えられる。

しかし悲しいかな、今季の金子は遊撃手としては21試合にしか先発しておらず、66試合に先発した右翼、27試合に先発した三塁よりも先発数が少ない…。

本来なら外野手部門に票が入っているべきなので、「有力選手の多い外野手部門じゃ空きがないから、遊撃手に入れちゃえ」という記者の気持ちも感じられてしまう。

■ある意味で大谷翔平と互角

今季のセ・リーグを制した神ってる広島からは、実に5つの部門で受賞者が生まれた。

そんな広島勢のなかで、「1票戦士」として存在感を示したのがエルドレッド。一塁手部門と外野手部門で1票ずつ入っているのだが、2部門で名前が挙がったのは大谷とエルドレッドだけだった。

ちなみに今シーズン、エルドレッドは主に左翼手として出場し、チーム2位の21本塁打を放った。日本シリーズでは一塁手として2試合連続本塁打と活躍。どちらのポジションにも票を入れたくなる気持ちも理解できる。

■献身ぶりが評価された“清き”1票

「見ている人は見ている」と思わずにいられなかったのは、井納翔一(DeNA)に投じられた1票。

7勝11敗という成績を額面通りに受け取ると得票に疑問符がつくが、開幕戦にオールスターゲームと節目節目で故障するエース・山口俊のフォローをしており、その健気な働きぶりに記者の心が動かされたと考えられる。

結果的に自身初の2ケタ黒星を喫してしまったが、チームが初のクライマックスシリーズに出場できたことに加え、ベストナインの票が入ったことで、少しは報われたのではないだろうか。

■アナタならどう考える?

今回取り上げた選手以外にも、セ・パ合わせて16人の「1票戦士」が生まれた今年のベストナイン投票。

投票する側には簡単にはなれないが、その立場になったと仮定して投票した記者の気持ちを想像することは誰にでもできる。

残る16人はもちろん、上記の選手に対する別の意見もあるはずなので、ぜひ自分の意見を踏まえながら楽しんでほしい。

文=森田真悟(もりた・しんご)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
“新人王エキス”注入や!阪神・高山が新人アドバイザー役に
キャンベル「4番・三塁」構想!阪神・金本監督、3・31開幕スタメン明言
巨人、元楽天マギーと基本合意  打線テコ入れの“切り札”
大谷翔平の年俸を支えられない? 東尾修が語る球界の“お金”事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加