深海に住まうエイリアンたちの不気味で鮮やかな画像集

深海に住まうエイリアンたちの不気味で鮮やかな画像集

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2019/02/23
No image

Photo: Schmidt Ocean Instituteゴースト・シャークとして知られるキンザメ

どぎつい色合いとユニークな造形に惹かれます。

先日、研究船Falkorはコスタリカ沖での3週間に及ぶミッションを終えました。そのミッションはデータを収集して新種の生物を発見しただけでなく、海底に住まう生物たちの息をのむような写真を撮影することにも成功したのです。

Falkorはシュミット海洋研究所が操縦する、遠隔操作探査機(ROV)を配備した海洋学の研究船です。テンプル大学のErik Cordes氏が率いた2019年最初のミッションでは、太平洋のココス島とコスタリカの間にあるいくつもの海山を探査して、遠隔操作探査機(ROV)のSuBastianで試料を採取しました。

プレスリリースによれば、この研究チームはサンゴでは4種、動物では6種の新種を発見したんだとか。この深くて異質な世界に生息する動物たちは、海底から湧き出たメタンなどの化学物質の浸出に依存しています。科学者たちは同研究に対して、魚類から微生物までといった生息環境内の異なる種の関係を研究するという、全体的なアプローチを取りました。

同チームはさらに、環境への人間の影響も研究しました。実際に、水深3600mところでゴミを発見したのです。彼らは最終的には、深海の群集への海洋温暖化と脱酸素の影響を理解できればと願っているとか。

では、お待ちかねの美麗な深海生物の写真をどうぞ。

No image

クモヒトデPhoto: Schmidt Ocean Institute/Erik Cordes

No image

Photo: Schmidt Ocean Institute

No image

Photo: Schmidt Ocean Institute

No image

タコPhoto: Schmidt Ocean Institute

No image

海底3600mで発見されたゴミPhoto: Schmidt Ocean Institute

No image

ウミユリ、海洋動物の一種。Photo: Schmidt Ocean Institute

No image

Photo: Schmidt Ocean Institute

No image

キクイガイ、軟体動物の一種。Photo: Schmidt Ocean Institute/Erik Cordes

No image

ナマコPhoto: Schmidt Ocean Institute

No image

ツノサンゴPhoto: Schmidt Ocean Institute

No image

トゲヒラタエビPhoto: Schmidt Ocean Institute/Erik Cordes

No image

チョウチンアンコウPhoto: Schmidt Ocean Institute

No image

八放サンゴPhoto: Schmidt Ocean Institute/Erik Cordes

海底のミステリアスさにぞわりとします。

Source:Schmidt Ocean Institute

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
132億光年先の銀河にちり=宇宙初期の星が放出-アルマ望遠鏡観測・名大など
NASAが10年以上かけて撮影した最高にインスタ映えしそうな衝撃波の画像がこちら
理研と東北大、研究促進や人材育成などを促進を目的とした協定を締結
「最先端治療」が受けられる病院の、意外なリスクをご存じですか
ロシアとアメリカ、スイスの合同研究チームが量子コンピュータで時間を逆行させることに成功か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加