最新ランキングをチェックしよう
松井大輔がレシーバー目線で語る日本人“名パサー論” 「走ればボールが来る」至高の感覚とは?

松井大輔がレシーバー目線で語る日本人“名パサー論” 「走ればボールが来る」至高の感覚とは?

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/01/21

【松井大輔インタビュー|Part 3】日本代表やクラブで共闘し、楽しかった5人を選出 日本サッカーにおいて、最高のプレーメーカーは誰か――。選手それぞれに様々なプレースタイルがあるゆえ、永遠に“酒の肴”として議論されるテーマだろう。そうした数々の名手の才能を最も“肌感覚”で理解しているのは、パスのレシーバーになった選手だ。 元日本代表MF松井大輔は、日本代表や国内で数多くのパサーと競演してきた。松

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
京都・保津峡「嵯峨野トロッコ列車&保津川下り」の楽しみ方
西岡良仁 4時間の激闘に惜敗
若い男性は「胸の谷間」を見ても嬉しくない!? 驚くべきその理由とは
わたし、卒業します!最後のご挨拶。《2年間ありがとうございました♡》
テイラー・スウィフト、疑惑の乳首ドレスでショーツ露出のハプニング!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加