巨人菅野早くも被本塁打13本 最多の昨季にあと1

巨人菅野早くも被本塁打13本 最多の昨季にあと1

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/05/16
No image

6回表阪神2死一塁、大山に2点本塁打を浴びる菅野(撮影・前田充)

<巨人8-13阪神>◇15日◇東京ドーム

巨人菅野智之がともに自己ワーストの1試合10失点、被本塁打4。これまで最多失点は16年6月24日DeNA戦の9点。被本塁打は今年4月25日ヤクルト戦の3本だった。今季の被本塁打は13本となり、早くもシーズン自己最多の14本(18年)に近づいた。

巨人の投手が阪神戦で1試合4本以上の本塁打を浴びたのは、11年5月3日の東野(4本=金本、鳥谷、新井貴、ブラゼル)以来8年ぶり。また、このカードで1試合10失点以上の巨人投手は03年7月12日のラス(10失点)以来2人目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PL学園伝説のコーチが明かす「控えの主将だった平石洋介の覚悟」
【MLB】大谷翔平、右手に投球直撃で苦悶の表情 2戦連続無安打、場内騒然の中ベンチ下がる
大谷骨には異常なし「早いうちに戻れるだろう」監督
「腕まくらって...」幸せそうに眠るムスコの姿を見て思い出したこと
阪神OBが指摘する「浮上のカギ」 交流戦で差を付けるには...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加