「普段はあそこまで入っていかない」...松本MF高橋諒、「無意識」で奪った決勝点

「普段はあそこまで入っていかない」...松本MF高橋諒、「無意識」で奪った決勝点

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/08/24
No image

[8.23 J1第24節 浦和1-2松本 埼玉]

劣勢に立たされたチームを救った。10試合未勝利だったチームに約3か月ぶりの白星をもたらす原動力となった松本山雅FCのMF高橋諒は、「アウェーで浦和レッズ相手に逆転勝利できたのは自信になる」と胸を張った。

前半19分に先制点を献上すると、その後も同点に追い付くことができずに試合が進む。しかし、後半20分にMF町田也真人が投入されてシステム変更すると、一気に松本が流れを引き寄せて立て続けにゴールを陥れる。

まずは後半30分。町田から左サイドでボールを受けた高橋は、「(対面する)宇賀神(友弥)選手が縦を切ってきたので、カットインして右足で上げた」とクロスを供給すると、ゴール前で競り勝ったFW阪野豊史がヘディングシュートで同点ゴールを記録。そして、同38分には高橋自身がネットを揺らす。

右サイドでボールを受けた町田からパスを呼び込んだFW永井龍がクロスを送ると、逆サイドから走り込んできたのが高橋だった。「普段はあそこまで入っていかない。無意識に入っていた」と言うが、右足ダイレクトで合わせたシュートを豪快にネットに突き刺し、逆転ゴールを奪った。

2-1の逆転勝利へと導き、11試合ぶりの白星を獲得。「久しぶりの勝利。アウェーで勝てたのは大きいし、ゴールとアシストという結果を残せて良かった」と喜びを表しつつも、「でも、もっと自分の特長を出さないといけないと思っている。苦しい試合でももっと仕掛けたり、チャンスメイクしたい」と今後もチームに勝利をもたらすためのプレーを披露していく。

(取材・文 折戸岳彦)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2019シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
快進撃は39歳ベテランの抜け目なさに止められたが...ジャイキリ連発の法政大、なぜ天皇杯で躍進できたのか?
【浦和】「鹿島に上がってきてほしい」興梠慎三がACL準決勝で“打倒古巣”宣言!!
『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:信頼(國學院久我山高・明田洋幸)
藤井聡太七段タイトル挑戦なるか? 王将リーグ開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加