キックボクシング レベルス王者・老沼隆斗に蓮沼拓矢が挑戦 12・5後楽園

キックボクシング レベルス王者・老沼隆斗に蓮沼拓矢が挑戦 12・5後楽園

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/10/11
No image

レベルスムエタイスーパーフライ級王者・老沼隆斗

キックボクシングのプロモーション「REBELS(レベルス)」は11日、「REBELS.59」(12月5日・後楽園ホール)で、王者・老沼隆斗(STRUGGLE)に蓮沼拓矢(フリー)が挑戦するREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級タイトルマッチを行うと発表した。

老沼は今年2月から開催された4選手による王座決定リーグ戦に参戦し、6・6後楽園大会でJIRO(創心會)を破って王座を獲得。蓮沼は10・8後楽園大会で行われた挑戦者決定戦で、そのJIROを破って挑戦権を手中にした。

老沼はこの日、「12月5日盛り上げます」と意気込みをツイートしている。

本大会では他に、梅野源治がタイ人ランカーと、宮越慶二郎がスアレックと対戦することが発表されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
井上尚弥 衝撃の初回KO勝ち!世界が驚くWBSS優勝候補の強さ
高山勝成の挑戦は異例中の異例 なぜプロボクサーは五輪に出場しないか
オセロ世界一に小5の福地啓介くん 最年少記録36年ぶり更新の相手が帰国機の機長だった!
井上に敗れたパヤノ「井上は強い。パンチが全く見えてなかった」
ボクシング五輪競技存続へ 内田会長がIOC総会で主張も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加