最新ランキングをチェックしよう
大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を開始

大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/07/26

大阪市立大学は、同大学医学研究科 癌分子病態制御学・腫瘍外科学・難治がん TR センター副センター長の八代正和准教授、三木友一朗氏、腫瘍外科学の大平雅一教授、診断病理学の大澤政彦教授らの研究グループが、胃がん患者に高頻度で再発する腹膜転移を対象とする術中診断法を開発したことを発表した。この成果は7月21日、国際学術誌「Surgical Oncology」にオンライン掲載された。

胃癌の術後転移再

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
橋本環奈“スクープ私服姿”に衝撃!「こういう服しか着られないんだね...」
「注文した4Kテレビがようやく届いたら...あまりに悲しいことになっていた」同情を誘う写真
4歳の少女が...おもちゃの釣り竿で超大物を釣り上げる!(動画)
鈴木奈々、住んでいる家の家賃を告白 「死ぬほど金が...」とツッコミも
「彼が出掛けた隙に、引き出しを開けて...」結婚間近の男の部屋で、27歳女性が見つけたモノ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加