最新ランキングをチェックしよう
大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を開始

大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/07/26

大阪市立大学は、同大学医学研究科 癌分子病態制御学・腫瘍外科学・難治がん TR センター副センター長の八代正和准教授、三木友一朗氏、腫瘍外科学の大平雅一教授、診断病理学の大澤政彦教授らの研究グループが、胃がん患者に高頻度で再発する腹膜転移を対象とする術中診断法を開発したことを発表した。この成果は7月21日、国際学術誌「Surgical Oncology」にオンライン掲載された。

胃癌の術後転移再

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コロナの「新有事」に直面する14億人・中国人たちのヤバすぎる現実
【出会いカフェは満席】新型コロナ緊急事態宣言の夜、女子大生は「パパ活」「ワリキリ」に奔走していた
壇蜜 コロナ感染拡大防止「断密」「断三」画像にネット称賛「効果抜群」
「謝る必要ない」宮藤官九郎“コロナ拡大疑惑”に反省・謝罪ゼロで批判続出
磯山さやか、志村けんへの「追悼メッセージ」が絶賛を浴びたポイントとは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加