最新ランキングをチェックしよう
大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を開始

大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/07/26

大阪市立大学は、同大学医学研究科 癌分子病態制御学・腫瘍外科学・難治がん TR センター副センター長の八代正和准教授、三木友一朗氏、腫瘍外科学の大平雅一教授、診断病理学の大澤政彦教授らの研究グループが、胃がん患者に高頻度で再発する腹膜転移を対象とする術中診断法を開発したことを発表した。この成果は7月21日、国際学術誌「Surgical Oncology」にオンライン掲載された。

胃癌の術後転移再

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
咲くのは不吉の前兆?「竹の花」開花が全国で相次ぐ
HIKAKINがセブンイレブンの商品トップ3の5月編を発表! 1位は「中華蕎麦『とみ田』監修 豚ラーメン」
何してるんだろう?犬の留守番中の過ごし方5つ
インスタの“危険すぎるキス写真”に批判殺到...「いいね!のために死にたいの?」
田中真琴「ONE PIECE」女体化グラビアで豊満バストあらわ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加