リアーナ、実は薄毛に悩み始めている...!?

リアーナ、実は薄毛に悩み始めている...!?

  • Techinsight
  • 更新日:2017/09/17
No image

教育、健康、芸術の分野の向上を目指し、米国の大学に留学するカリブ諸国出身の学生、そして災害復興などへの支援を続けてきた歌姫リアーナ。彼女が設立した「クララ・ライオネル財団」が主催するチャリティイベント『第3回ダイヤモンドボール』が14日夜にニューヨークで開かれ、出席者はJay-Z&ビヨンセ夫妻、レオナルド・ディカプリオ、カルヴィン・ハリスほか豪華な顔ぶれであった。美しい黒髪をソバージュにしてなびかせ、つややかなサテンがゴージャスなドレスで会場入りしたリアーナだが…。

最近どうも額が大きく、つまり髪が後退している気がしてならないリアーナ。画像・右下は2016年8月25日にスポーティなスタイルでNYソーホーのアパートから出てきたリアーナである。染めたりストレートにしたり、あるいはドレッドヘアにしたりとヘアスタイルに関しては普段から七変化を楽しんでいるリアーナだけに、オフの日までこうしたポニーテールで強いストレスを与えるのはあまり良くないはずだ。

あれからほぼ1年という今月7日、リアーナはニューヨーク・ファッションウィークで自身の手掛ける『フェンティ・プーマ(FENTY PUMA by Rihanna)』ブランドの新作発表イベントをおこない、オスカー・デ・ラ・レンタによる鮮やかなイエローのロングドレスでそこに臨んだ。ストレートにしてブラウンに染めたポニーテールは肩甲骨に触れる程度の長さであったことから、1週間しか経っていない14日のソバージュヘアはエクステンションの可能性が限りなく高い。またウィッグであればその方がむしろ髪が痛まないであろう。

こんなリアーナに、つい思い出すのは元祖スーパーモデルのナオミ・キャンベルである。髪をストレートにして前髪すら作っていた彼女は加齢というにはあまりにも可哀想な42歳の時、額から頭頂部にかけて髪が完全に薄くなっているという悲しい現実を激写されてしまった。当時の彼女が大暴れしてたびたび警察のお世話になっていたことも忘れられない。それが43歳になるとアフロヘアに戻り、ナオミはまるで髪にダメージを与えないことの大切さを噛みしめているかのようだった。

先日はキム・カーダシアンが17時間もかけて徐々に脱色し、髪色をプラチナ・シルバーにしたことをお伝えしていた。時間さえあればヘアサロンに通い、あれこれと試したがるハリウッドの女性セレブたち。しかし薬剤を大量に使い、熱を当て、脱色し、巻いたりストレートにしたりと髪は完全に悲鳴をあげているはずだ。髪は女性のメンタルを左右するほど大切なもの。リアーナがナオミ・キャンベルのようにならないことを祈りたい。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヴィクトリア・ベッカム、長男移住で泣きっぱなし
保護観察中のマイケル・ダグラスの息子、引っ越しと俳優復帰を希望
レオ様二股疑惑、新恋人&元カノ同日連続デート目撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加