Google、2月15日からChromeで悪質な広告の表示をブロック

Google、2月15日からChromeで悪質な広告の表示をブロック

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/15
No image

Google Chromeチームは2018年2月13日(米国時間)、「The browser for a web worth protecting」において、2018年2月15日から迷惑な広告を自動的にブロックする機能を有効化すると伝えた。Coalition for Better Adsの策定した迷惑広告の基準「Initial Better Ads Standards」に該当する広告が規制の対象になるとされている。

Googleは昨今、ユーザーが広告ブロッカー拡張機能をインストールするケースが増えており、迷惑広告がユーザーのWeb体験にとって不愉快なものになっていると指摘。こうした背景から、Chromeでは、今後ユーザーにとって迷惑と判断される形式の広告に関して自動的にブロックするとしている。

Webのエコシステムは広告が重要なポジションを占めている。このため、広告の価値が下がることはWebのエコシステムにとって不健全な状態を招くことになる。Googleはユーザーを不快にする広告をブロックすることで広告自体の品質を向上させる助力となることを狙っており、健全なエコシステムが構築されていくことを望むとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
先週のサイバー事件簿 - 感染スピードが早い「ラピッドサイバー攻撃」に注意
写真で見る! - G-SHOCK 35周年記念モデル第3弾「RED OUT」
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで83%以上オフも!「本革防寒グローブ」や「LGフルHDモニター」がお買い得に
8GBで500万円請求されたツイートが話題に...実は救済措置があるって知ってた?
ソニーが世界に誇る〝スーパーミドルレンジ〟スマホ『Xperia XA2』『Xperia XA2 Ultra』を動画で検証!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加