最新ランキングをチェックしよう
「パス関連スタッツ」が大会屈指! 柴崎岳はコパ・アメリカで司令塔としての能力を証明

「パス関連スタッツ」が大会屈指! 柴崎岳はコパ・アメリカで司令塔としての能力を証明

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/06/25

日本代表が惜しくもグループステージ敗退に終わったコパ・アメリカ2019で、「絶対的な司令塔」として君臨したのが柴崎岳だ。
 
 今大会は全3試合にフル出場し、キャプテンマークも巻いた27歳のMFは、南米の強豪相手でもゲームメーカーとして高いパフォーマンスを示す。グループステージ終了時点のスタッツにも、その貢献度は如実に表われている。
 
【パス総数】
1位:マルキーニョス(ブラジル/233本)

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リヴァプール退団から「劇的復活」を遂げた7名
世界陸上5000mで異例のゴールシーンが生まれる
ガラタサライ 6年ぶり本拠地レアル戦チケット完売
ルーニー、MLSでの最終戦を終える...選手兼監督としてイングランド復帰へ
金に狂った母親が息子の野球チームに火をつける【背筋も凍る!女の事件簿】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加