ハム大野 右肘のクリーニング手術へ FA権近く残留交渉

ハム大野 右肘のクリーニング手術へ FA権近く残留交渉

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

日本ハム・大野奨太捕手(30)が近日中に右肘のクリーニング手術を受けることが12日、分かった。

No image

札幌市内の室内練習場でランニングする大野

今季は慢性的な痛みもあり83試合の出場。来季を見据え不安を取り除く。国内FAの資格条件も満たしており今後は球団と残留交渉も行う予定。この日は札幌市内の室内練習場で「残留を前提に話していきたい」とする一方で「チームに(自分が)必要かどうか。それが第一条件」と権利行使の可能性も示唆した。この日、大野の調査を進めている中日の森監督は地元テレビ局に出演し「(大野は)いつでも欲しい人材ではある」と言及しており、動向が注目される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(3)メジャースカウトが札幌に来る大谷以外の理由
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
【キーマンに聞くCS直前企画 投手編】ソフトB和田毅 いてよかったと思われる投球を 昨年CS不在、今年レギュラーシーズン長期離脱
西武の主力牧田、野上、炭谷がFA権行使も視野に
巨人が村田のクビを決断! 今オフのFA選手が「巨人NG」を選択
  • このエントリーをはてなブックマークに追加