東京為替:ドル・円は小動き、米インフレ指標見極めムードも

東京為替:ドル・円は小動き、米インフレ指標見極めムードも

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/12
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は112円30銭台と、本日安値圏で小動き。前日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨から、今晩発表の9月生産者物価指数(PPI)や明日の同消費者物価指数(CPI)の内容を見極めたいムードが広がっており、ドルは売り買いともに仕掛けづらいもよう。ただ、衆院選の与党圧勝が見込まれるなか、日本株高の継続で円売り安心感もあるようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円32銭から112円52銭。ユーロ・円は133円24銭から133円49銭、ユーロ・ドルは1.1858ドルから1.1878ドルで推移。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京モーターショー2017】マツダは次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を出展
「日本人のマインドセットを変え、働き方改革を成し遂げる」日本マイクロソフト平野拓也社長
印字も読めないボロボロのICカード乗車券、きれいになる?
【速報】福岡ソフトバンクホークス、CS突破おめでとう!記念セールが続々開催
【東京モーターショー2017】トヨタが『TS050 HYBRID』『CROWN Concept』などを出展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加