スマート、ガソリン廃止しEVに一本化 2020年から

スマート、ガソリン廃止しEVに一本化 2020年から

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/11
No image

スマートEV新型

もっと画像を見る
メルセデスベンツ傘下のスマートは10月9日、2020年から全モデルを電動化すると発表した。

スマートは現在、『フォーツー』と『フォーフォー』をラインアップ。ルノー『トゥインゴ』と車台を共用しており、直列3気筒ガソリンエンジンを車体のリアに搭載する。

また、フォーツーとフォーフォーには、EVの「エレクトリックドライブ」を設定。モーターは、最大出力81hp、最大トルク16.3kgmを引き出す。0~100km/h加速12.7秒、最高速130km/hの性能を備える。

今回スマートは、2020年から全モデルを電動化すると発表。まずは欧州と米国で、ガソリンエンジン搭載車の導入を終了し、EVに一本化。その後、全世界へこの戦略を拡大していく計画。

スマートは、「内燃機関を廃止し、EVのみにする最初の自動車ブランド」と説明している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スーパーの「アピタ」「ピアゴ」をドンキへ転換 「5年後が勝負」
王者セブンを焦らせる、ファミマの「ファストフード」売上28%増
三菱東京UFJ銀行の内紛...「三菱銀行」への改名説くすぶる
ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは
京都、外国人観光客急増で地価高騰...北海道ニセコ、中国マネーの爆買いでバブルの様相
  • このエントリーをはてなブックマークに追加