最新ランキングをチェックしよう
MITが地球上でもっとも黒い素材を発見、ベンタブラックの10倍!

MITが地球上でもっとも黒い素材を発見、ベンタブラックの10倍!

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/09/17

Image: Diemut Strebe
MITの研究者が、カーボンナノチューブを成長させる過程で、これまで発見された中でもっとも黒い物質を作り出したようだ。“黒”というとどれも同じに思うかもしれないが、可視光の反射率によってその黒さは変わってくる。
これまでもっとも黒いとされてきたベンタブラックの可視光吸収率は99.965%。対して新素材の可視光吸収率は99.995%と、まさに桁違いの黒さだ。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『ZIP!』貴島明日香“胸チラ”を反省!? 最新動画はタチっぱなし...
神部美咲、初のデジタル写真集3部作が発売中!
地球の磁場が弱まってきていると判明
出演者が内情を暴露!? 『テラスハウス』の住人たちは男女関係が乱れきっていた
「保護された謎の毛むくじゃらな動物は...猫だった」毛をカットしたらかわいらしい姿に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加