東京都の待機児童解消へ 約35億円の新たな追加対策

東京都の待機児童解消へ 約35億円の新たな追加対策

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/16
No image

動画を見る(元記事へ)

東京都は待機児童の解消に向けて、約35億円の新たな追加対策を発表しました。

追加対策は利用者のニーズが高い駅周辺の保育所の開設を促進するため、賃貸料の補助を拡充し、現在、働いていない保育士の再就職の支援を目的に、就職準備金の貸し付けを倍増させるなど7項目です。都内の待機児童は4月現在、約8600人で、都は2019年度末までの待機児童の解消を目指しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「もはや中古家具店」大塚家具、経営危機の内幕...久美子改革が完全失敗、経営陣一掃は必須
「アマゾンビジネス」日本でサービス開始
購入したのは...大谷等身大人形 即日完売 1体限定111万円超
トヨタが最も遅れている? 世界は電気自動車へシフトなのに...
トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加