熊本城の再起願う黄色いじゅうたん 復旧工事現場公開

熊本城の再起願う黄色いじゅうたん 復旧工事現場公開

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/12/06

熊本市は5日、熊本地震で被災した熊本城大天守の復旧工事現場を報道陣に公開した。熊本城を築いた藩主の加藤清正が植えたとされるイチョウは、前夜からの寒風に吹かれて落葉し、天守閣の足元は黄色いじゅうたんを敷き詰めたよう=写真。

市によると、イチョウは高さ21メートル、根元の周囲5・8メートル。1860年に強風で折れ、西南戦争中の77年には天守閣の焼失に伴い焦げて枯れたが、脇芽から大樹に育ったという再起の伝説がある。

工事用の足場に囲われた大天守は、来年3月までに屋根瓦7200枚をふく予定。市熊本城総合事務所は「2019年中には外観工事を終え、美しい姿を見てもらいたい」としている。

=2017/12/06付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清水良太郎被告、覚醒剤“口移し”で吸わせた「私は腐った人間です」
タックスヘイブン税制 サンリオ 11億円追徴課税
バイト中に15歳少女が転落死 太陽光パネル点検作業
『失神ゲーム』で小6児童が意識不明に 「殺人行為」実態に恐怖と怒りの声
あの人気キャバクラ、悪魔的脱税が発覚!キャバ嬢から搾取、税金まったく払わず!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加