フォーム改善に効果的6軸モーションセンサーを搭載したシューズ「ORPHE TRACK」

フォーム改善に効果的6軸モーションセンサーを搭載したシューズ「ORPHE TRACK」

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/07/12
No image

6軸モーションセンサーを搭載したウェアラブルデバイス「ORPHE TRACK」

no new folk studioから新たに発表された「ORPHE TRACK(オルフェ トラック)」は、ランニングシューズに6軸モーションセンサーとBluetoothでの通信機能を搭載したウェアラブルデバイス。iPhone 7以降でiOS 12以降に対応しており、専用のアプリでランニング中のデータが収集できるようになっている。

No image

一見すると普通のシューズだが、ソールの中央部分に「ORPHE CORE」を搭載

スライドやプロネーションなどのデータが計測可能

センサーや通信機能を納めたユニットは「ORPHE CORE」とよばれ、左右それぞれのインソールの下に配置。重さは約30gとなっている。充電時は取り外して、USBケーブルを使用。USB端子はmicroUSBで、付属のケーブルは二股になっているのでまとめて充電可能だ。満充電までは約1時間で連続稼働時間は10時間と、一般的なトレーニングに使うには十分なスタミナもある。

No image

インソールを取り外すとORPHE COREにアクセスできる

No image

ORPHE CORE自体はひとつ30gほど

収集できるデータは、足裏の設置部分や着地時の足の傾き、設置時間、スライドの広さなど。左右それぞれのデータを専用アプリから確認できるようになっており、ランニングフォームなどの確認に利用できるとのこと。またORPHE COREにはLEDの発光機能もあり、着地などの状態によって発光する色を変えることもできるため、正しい接地状態で走れているかどうかが見た目でも確認できる。

No image

左右それぞれ用意されている

No image

充電用のケーブルは二股になっている

ただしORPHE COREはGPSを搭載していないため、単体ではランニングルートは計測できない。移動ログも計測したい場合は、連携させたスマートフォンを持って走る必要がある。

No image

走行距離やペースのほかピッチやスライドもログとしてチェック可能

「ORPHE TRACK」の開発について、7月1日に行なわれた発表会でno new folk studioの代表取締役 菊川裕也氏は「ランナーの30パーセントは膝に痛みを抱えているという調査もあり、楽しみながらフォームを学べるシューズを作ってみた」と語っている。

No image

no new folk studioの代表取締役 菊川裕也氏

No image

開発にも携わっている為末大氏(左)と白方健一氏(右)

為末 大氏の走りのクセもしっかり検知

発表会にはトレーナーの白方健一氏と、男子400メートルハードルの日本記録保持者の為末大氏も登壇し、実際に「ORPHE TRACK」を使って走ったデータを公開。白方氏の走りは着地法などバランスの良いデータに対して、為末氏は左右で若干バランスの悪い結果となっていた。

No image

為末氏の走行データ。着地位置やプロネーション(角度)が左右で違っているのがわかる

これについて為末氏は、左膝を痛めていることと、ハードル走は特定の足で踏み切るのでクセがついているのではと解説。細かな走り方の違いをORPHE TRACKがキッチリ検出できていることを証明していた。

さらに為末氏は、ランニングフォームなどをチェックする場合、現状では専用のトラックでトラッカーを装着して実施するが、非常に大がかりとなり費用もかかるとのこと。またトラッカーを装着して走ることでフォームを意識して、実際に普段走っているフォームとは違う結果になることもあるという。

「ORPHE TRACK」なら普段のランニングで計測できるためそういった心配はなく、しかも手軽でコストもかけずに専門的なデータが収集できることをポイントにあげていた。

No image

ランニングフォームをチェックするだけでも現状では大がかりな装置が必要

年内に一般向けの市販モデルをリリース予定

今回発売するモデルはベータ版となっており、限定200足で3万2184円。左右それぞれの「ORPHE CORE」と「ORPHE TRACK 専用シューズ SHIBUYA 1.0」がセットになっている。シューズのサイズは24センチから1センチ刻みで28センチまで。シューズ全体の重さはサイズによっても異なるが、ORPHE COREをセットした状態で約350gとなっている。

ベータ版ということもあり、購入特典としてランニングのコーチイベントへの無料招待やミートアップイベントへの招待を企画しているとのこと。また年内に一般向けの次期バーションシューズを発売する予定だが、ベータ版購入者にはこの次期バーションシューズも無償で提供予定だ。

3万2184円という価格は、一般的なランニングシューズとしては高めだが、市販化の際には「ORPHE CORE」対応のシューズのみの販売も計画しているとのこと。そのためトレーニングでシューズが劣化した場合、一般的なランニングシューズと同じ価格帯で買い換えも可能。さらにほかのシューズメーカーとの協業も進めていきたいと菊池氏は説明していた。

■関連サイト

no new folk studio

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホ料金がかなり節約できるかも!IIJが日本初のeSIMサービスを開始
Amazonが誤って140万円のカメラレンズを1万円で販売、キャンセルなしで実際に配送が行われる
大学生向け無料コピー「タダコピ」がスマホに対応!スキャン・プリント・カラーも無料化
トラックパッド捨ててこれにする? キーの上でタップやスクロールができるハイブリッドなキーボードが誕生
Amazonプライムデー、1億7500万点売れて史上最大規模に 人気だった商品は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加