東京為替:ドル・円は109円05銭前後で推移、上値の重さが意識される状況

東京為替:ドル・円は109円05銭前後で推移、上値の重さが意識される状況

  • FISCO
  • 更新日:2017/08/11
No image

株式会社フィスコ

11日午前の東京市場でドル・円は109円05銭前後でもみあう状態が続いているが、上値は重くなっている。109円以下には個人勢などのドル買い興味が残されているものの、新たなドル買い材料が提供されない場合、ドルは108円台に下落する可能性は残されている。
ここまでのドル・円の取引レンジは109円00銭から109円22銭。
・ユーロ・円は、128円30銭から128円58銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1764ドルから1.1777ドルで推移

■今後のポイント
・109円以下に顧客筋、個人勢のドル買い興味
・1ドル=110円-113円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値48.69ドル 安値48.47ドル 直近値48.47ドル

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「人手不足倒産」が日本を襲い始めた...「求人難倒産」、前年比2倍のペース
「マックVSマクド」 ツイッター上での決着は...
今年上半期の転職成功者の平均年齢は32.1歳、売り手市場は継続
死ぬまで働く以外に道はないのか? 最底辺に墜ちた日本人の老後
BMW『R80RT』の面影は......ほぼなし!もはや芸術的なカスタムバイク『White Phantom』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加