カーリング女子 日本は白星発進!“ミリ差”制し世界7位の米国に完勝「いつも通りに近い試合」

カーリング女子 日本は白星発進!“ミリ差”制し世界7位の米国に完勝「いつも通りに近い試合」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

◇平昌冬季五輪 カーリング女子・1次リーグ第1試合(2018年2月14日)

No image

勝利が決まり、笑顔でチームメイトと抱き合う「LS北見」スキップの藤沢五月(AP)

平昌五輪は14日、カーリング女子1次リーグ第1試合が行われ、6大会連続出場となった世界ランキング6位の日本からは「LS北見」の吉田夕梨花(24)、鈴木夕湖(26)、吉田知那美(26)、藤沢五月(26)が出場。同7位の米国と対戦し、10―5で勝利した。

第1エンド、不利な先行の日本がいきなり2点をスチール。続く第2エンドでもミスなく米国にプレッシャーをかけ続けて再び2点をスチールした。第3エンドではスキップの藤沢が最後の1投でダブルテイクアウトに成功。複数失点のピンチを救うと、これが相手のミスを誘って、このエンドも3点のスチールとなった。その後は1点ずつを取り合い、8―1で前半の5エンドを終え、試合を優位に進めた。

ところが、後半最初の第6エンドは米国が一挙3得点。さらに第7エンドでも1点のスチールを許して、点差を3点まで縮められた。勝負の第8エンドでは、両チームのストーンが中心からほぼ同距離に。判定はメジャー測定となったが、ミリ単位の差だったため測定が入念に4度行われ、その結果、日本が1点を獲得。これで流れをつかんだ日本は、第9エンドでも1点をスチール。10―5となったところで米国がギブアップを宣言したため、最終エンドを残して日本の勝利が確定した。

カーリングは、各チームが交互に8回、円形のストーンを投げ、氷上およそ40メートル先の的(ハウス)の中心近くに残ったストーンの数が得点となる。これを10エンド行い、得点を競う。予選ラウンドは出場10チームが総当りで対戦し、成績上位の4チームが準決勝へ進出する。

▼主将・本橋麻里の話 普段の試合も第1、2エンドで得点を取れていた。いつも通りに近い試合ができていたのではないかと思います。

▼スキップ・藤沢の話 (勝てて)良かったです。課題もありましたけど、試合の内容的には良かったと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷翔平、キャンプ地で受けるアメリカの洗礼
羽生善治竜王と藤井聡太六段の食事に「コンビニ飯」非難相次ぐ
住吉都さん死去 結城コーチ「悩んでいるというのは知っていた」
天国と地獄を見たプロ10年 オリックス伊藤が激白「捕手としていたい」
小平奈緒の“つくりおき料理”がすごい!金メダルボディの秘訣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加