J1昇格の長崎、地元出身の東京DF徳永悠平獲得へ

J1昇格の長崎、地元出身の東京DF徳永悠平獲得へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

FC東京DF徳永

初のJ1昇格を決めたV・ファーレン長崎が、FC東京の元日本代表DF徳永悠平(34)に正式オファーを出していることが11日、分かった。

クラブはJ1挑戦と同時に長崎県出身の実力者を増やす計画に着手。国見町(現雲仙市)出身で、国見高時代に全国3冠を達成して知名度も高い徳永を、水面下で補強の目玉として候補に挙げた。

徳永も、地元クラブから届いた獲得の打診に前向きな姿勢を示している。東京側は、クラブ一筋12年目で現在もレギュラーとして働く功労者の残留を希望していたが、関係者によると、長崎側は引退後の指導者への道まで検討しているという。この誠意に、徳永は地元への恩返しも含め移籍に魅力を感じているようだ。

本職が右サイドバックの徳永は国見高から早大をへて06年に東京入り。1度も移籍することなくJ1通算357試合に出場し、04年アテネ五輪、12年ロンドン五輪にはオーバーエージ枠で出場。44年ぶりのベスト4進出に貢献した。A代表でも国際Aマッチ9試合を経験。センターバックやボランチもこなせ、長崎側は戦力安定に期待を寄せる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エンリケに複数クラブが打診
バルサ『フェキルと接触』
イブラ、驚異の回復力。モウリーニョが招集認める。ポグバ&ロホもメンバー入り
【コラム】2大会ぶりのW杯制覇へ...激化するポジション争いが“無敵艦隊”を強くする
香川先発のドルトムント、中断明けも負の流れ断ち切れず3連敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加