新東名の最高速度引き上げ1か月、どうなった? 事故や違反、走行実態に見るその効果

新東名の最高速度引き上げ1か月、どうなった? 事故や違反、走行実態に見るその効果

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/12/07

速度超過違反件数も減少

高速道路における普通自動車の最高速度は100km/hですが、現在、新東名高速と東北道の一部区間において試行的に、これが110km/hへと引き上げられています。

No image

新東名高速の新静岡IC~森掛川IC間は最高速度が110km/hとされている。写真はイメージ(画像:PIXTA)。

新東名高速の試行区間は静岡県内の新静岡IC~森掛川IC間約50kmで、2017年11月1日(水)の試行開始から1か月あまり経過しましたが、この区間の交通状況はどう変わったのでしょうか。引き上げ後の事故や違反件数について、静岡県警高速道路交通警察隊に聞きました。

――最高速度引き上げ後の新静岡IC~森掛川IC間における事故件数や、違反件数はどれほどでしたでしょうか?

11月の1か月間における事故は16件で、そのうち搭乗者がケガをした人身事故は2件です。違反件数は、速度超過違反が約200件、追越し車線を走り続けるなどの通行帯違反が約280件ありました。

――これら件数は多いのでしょうか、少ないのでしょうか?

事故件数は前年同月より若干増えてはいるものの、当該区間が50km、上下線あわせ100kmという長さであることを考えると、そのなかで1か月間の人身事故が2件というのはきわめて少ないと認識しています。なお、速度超過違反、通行帯違反は、件数としては減少しています。

「実際の走行スピードも上がる」は杞憂!?

――速度超過の減少は、最高速度引き上げの効果なのでしょうか?

一面ではそうです。導入前には、最高速度が10km/h引き上げられれば、それに伴って120km/h出していた人は130km/hに、130km/h出していた人は140km/hになると懸念する声がありましたが、そうはならなかったということです。もっとも、取り締まりを強化していますので、それが抑止力にはなっているでしょう。最高速度引き上げについて広報活動を行っているほか、テレビなどでも多く取り上げられたこともあり、安全意識が高まった結果でもあると考えています。

――走行実態はどう変わったのでしょうか?

従来とほぼ変わっていないといえます。10km/h引き上げられたことを喜んで走っている人はおらず、皆さん自身の経験に基づいて、安全の範囲内で走行されているのでしょう。

――大型貨物自動車は最高速度が80km/hに据え置かれたこともあり、速度のギャップを心配する声もありましたが、この点はいかがでしょうか?

速度差が原因の事故は起こっていないことからも、それほど影響していないと考えています。

※ ※ ※

高速道路における速度規制の見直しは、2016年3月に警察庁から方針が発表されました。最高速度120km/hで設計された構造で、かつ実勢速度(実際にクルマが走っている速度)が100~120km/hという一部の高速道路について、規制速度を段階的に120km/hへ引き上げるという計画です。これにあたり、渋滞の発生が少ないことや、死傷事故率が低いことから、今回の新東名高速の新静岡IC~森掛川IC間と、東北道の花巻南IC~盛岡南IC間30.6kmでまず試行的に速度を引き上げ、全国の高速道路で見直しを進めるとしていました。なお後者の区間では、2017年12月1日(金)から引き上げが実施されています。

新東名の最高速度引き上げ区間について、静岡県警高速道路交通警察隊は、「ふだん走り慣れていないドライバーが増える年末年始に向け、安全意識を高めるためにも、今後も取り締まりを強化していく」と話します。

【地図】新静岡IC~森掛川IC間の位置

No image

両IC間の距離はおよそ50km。2012年に開通した(国土地理院の地図を加工)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男性を監禁・暴行・殺害、無理やり糞尿飲ませる
赤ちゃんの遺体にレジ袋 葬儀会社の説明は...
朝日新聞VS安倍首相支持のジャーナリストの争いが泥沼化へ
想像以上にひどい“中高生の文章読解能力崩壊”もう日本語でも会話は通じない!!
「仮面ライダー乗り」で男性が公道を疾走 → 危険行為でお縄を頂戴するハメに...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加