雄星ブルペンで118球 ツーシーム試投「早く実戦で投げたい」

雄星ブルペンで118球 ツーシーム試投「早く実戦で投げたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

西武・菊池がブルペンで118球を投げ込み、ツーシームを今キャンプ初めて投じた。

No image

西武・菊池

投球中に土肥投手コーチから握りを教わりながら、約40球を試投。18日に登板予定の紅白戦では、精度アップを狙うフォークと並行して試す方針。「フォークの幅を2、3本狭めれば、ツーシームになる。早く実戦で投げたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤクルト小川監督が「村田修一の獲得を見送ったわけ」を論理的に話す
カー娘もぐもぐタイムの菓子10分で完売!/カーリング
DAZN参入で「解約者続出」のスカパー、どう生き残る?
【MLB】米復帰の元Gマイコラス、日本での“カルチャーショック”語る「ファンが...」
小平奈緒の“つくりおき料理”がすごい!金メダルボディの秘訣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加