長谷部誠、2020年初出場で勝利に貢献。フランクフルトは2季ぶりベスト8進出【ドイツ杯】

長谷部誠、2020年初出場で勝利に貢献。フランクフルトは2季ぶりベスト8進出【ドイツ杯】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/02/05
No image

【写真:Getty Images】

【フランクフルト 3-1 ライプツィヒ DFBポカール3回戦】

DFBポカール(ドイツ杯)3回戦、フランクフルト対RBライプツィヒの試合が現地時間4日に行われた。試合はフランクフルトが3-1で勝利した。フランクフルトの長谷部誠はフル出場、鎌田大地は出番なしに終わった。

リーグ2位の好調ライプツィヒに対しフランクフルトは17分、相手選手のハンドで得たPKのチャンスをシウバが落ち着いて決め先制する。51分には中盤でボールを奪うと素早い好守の切り替えから最後はコスティッチが決めリードを広げる。

フランクフルトは68分に失点するもアディショナルタイムにカウンターから再びコスティッチが決め勝負あり、2大会ぶりのベスト8進出を決めた。

試合後、フランクフルトの地元メディア『フランクフルター・ルンドシャウ』では選手の評価を掲載した。長谷部に関しては「4バックに変更して最初の試合となったハセベはボランチの位置でプレーした。前半にゴール前でボールを奪われピンチを迎えるもGKトラップの好守で事なきを得た。全体的にチームを落ち着かせていた」と寸評した。

2020年に入り出番のなかった長谷部だったが、90分を通じて高いパフォーマンスを見せた事で7日に行われるブンデスリーガ第21節のアウクスブルク戦でも先発出場する可能性も高まったかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「苛立つだろうが...」 南野“メンバー外”の実情に英紙注目「クロップが外した特定の理由」
アトレティコ対リバプール、予想スタメン&プレビュー。昨季王者が持つ「矛」に、堅守という「盾」は耐えきれるか?【欧州CLラウンド16】
CL決勝トーナメントがスタート! 新天地での活躍が期待される今冬の新戦力8名
大分DF岩田智輝 イニエスタと「2回目のツーショット」は笑顔 昨夏に“因縁”
「恥を知れ!」人種差別チャントに憤慨→自主退場のマレガへ、ポルトガル全国紙が最高採点“10”でエール!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加