清宮ティー打撃を侍・稲葉監督絶賛「高卒1年目であそこまで...」

清宮ティー打撃を侍・稲葉監督絶賛「高卒1年目であそこまで...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/14

右手親指の打撲の影響で打撃練習を制限されている日本ハム・清宮は、この日から視察に訪れた侍ジャパン・稲葉監督が見守る前で51球のティー打撃を披露した。7割ほどの力の入れ具合も「ボールを捉える間であったり、捉え方、角度。高卒1年目であそこまではなかなかできない」と絶賛された18歳は「昨日よりいい感じ。力のパーセンテージも上がってきている」とうなずいた。

No image

侍ジャパン・稲葉監督(左)の前で打撃練習する清宮

6回制の紅白戦では紅組の10人目の守備専任野手として一塁でフル出場。2度の打球を無難に処理し「やってきていることがだんだんできてきていると思うけど、まだまだ」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平の謎のカラフル帽の正体判明...オランダ流の祝福
デイリーvs小倉智昭氏 メダル予想の軌跡 通算2勝1敗3分け デイリーがリード
メダリストになった高木美帆...8年前、札幌Dで笑った少女が遂げた変貌
【DeNA】横浜駅エリアにオフィシャルグッズショップを初出店!「横浜スポーツタウン構想」の一環
カーリング女子 カナダに完敗「みんなパニックになってしまった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加