鈴木愛3位発進、横峯さくらの元キャディーとタッグ

鈴木愛3位発進、横峯さくらの元キャディーとタッグ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/11/09
No image

15番でバーディーを決めた鈴木(右)はキャディーと笑顔でグータッチ(撮影・浅見桂子)

<女子ゴルフ:伊藤園レディース>◇9日◇第1日◇千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)

逆転賞金女王を狙うう鈴木愛(24=セールスフォース)が、5バーディー、1ボギーの68で回り、首位と2打差の3位発進した。

前半戦で4勝を挙げ、2年連続賞金女王へ可能性は高まったが、右手首の故障で後半戦は低迷。5勝を挙げたアン・ソンジュ(韓国)に抜かれ、3位に後退した。この大会でアンが優勝すれば、アンの賞金女王決定という崖っぷち。残り3試合で、最低でも1勝以上が必要な状況で、アンとの直接対決を1打上回った。

今大会は、横峯さくらの元エースキャディー、ジョン・ベネット氏とタッグを結成。「キャディーのジョンのおかげで楽しく回れてますし、ショットもパットも良かった」と試合を振り返った。残り2日間に向け「明日は楽しく回れるか分からないけど、明日はやっぱりスコアメインでいきたいなと思うので。かなりパッティングが良くなってきているので、もうちょっとショットの修正ができたら、もっと楽しく回れると思う」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
堀川、ケプカら抑えこの日ベスト65で単独首位「出来過ぎ」/国内男子
畑岡2番で痛いダボ 猛チャージできず10打差開く
今平周吾VS堀川未来夢の同学年対決実現 松山英樹と石川遼の同い年にも注目【最終日展望】
権藤可恋がカーボンシャフトで優勝争い きっかけは“出場できなかった”日米共同大会
松山英樹 進藤大典キャディーとコンビ解消「目指す道を2人で何度も話し合い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加