【POG】ナムラユメ仕上がり良好 デビュー戦Vへ好ムード

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12

「新馬戦」(14日、京都)

日曜京都5R(芝1600メートル)でデビューするナムラユメ(牝、父ゼンノロブロイ、栗東・福島)に注目だ。06年札幌2歳S、07年毎日杯を制したナムラマースの異父妹。マースの活躍以降、母ビストロドゥパリの産駒は全て福島厩舎からデビューし、きょうだいのナムラボルテージやナムラオウドウが4勝を挙げるなど、コンスタントに活躍している。

坂路とコースを併用し、ここまで計8本の追い切りを消化。直前はセーブしたが、1週前には栗東坂路で4F52秒2-38秒4-12秒8の好時計をマーク。併せ馬で3馬身先着を果たした。福島師は「だんだんと牝馬らしい気性が出てきたが、時計も出ているからね。初戦からでも」と仕上がりの良さを強調。良血の評判馬が次々と除外され、Vムードが高まってきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
小嶋陽菜、洋服や下着の“抜け殻”ベッド写真が話題に! 競馬は2週連続で万馬券的中
顔は天使なのに属性が「闇」過ぎるロシアの美少女サラちゃん
男性が「そそられる」女性の特徴5つ 本能的に惹かれちゃう!
牛肉「A5ランク信仰」崩壊...「実はおいしくない霜降り肉」離れ加速
保阪尚希 腹膜炎で内臓破裂、緊急手術で生還...32歳死の淵、元妻高岡早紀が救急車
  • このエントリーをはてなブックマークに追加