【ドラマニア】女の嫉妬に思わずブルッ!話題の「愛憎劇」

【ドラマニア】女の嫉妬に思わずブルッ!話題の「愛憎劇」

  • シネマカフェ
  • 更新日:2016/12/01
No image

「砂の塔~知りすぎた隣人」第6話(C)TBS

もっと画像を見る
2016年もいよいよ佳境に突入。この冬は、身も心も凍るような怖い愛憎劇が、SNSを中心に大きな話題を集めています。誰しもが一度は抱いたことのある…小さな嫉妬。今クールでは取り分け、女性達のソレが大きな波紋となり、物語を思わぬ方向へと導いていきます。

今日は、中でも注目の2作品をピックアップしてご紹介! 切なくて痛い“女心あるある”が満載ですよ~。

■目を背けることのできない、現実
“本当の絆”が試されるドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」

「有り得ないとは言い切れない、妙なリアルさが怖い」と、SNSを賑わせている話題のドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」。高層階と低層階の格差、季節イベント毎に起きる幹事問題や不倫疑惑など…都会の高層マンションに暮らすママ友達のマウンティングエピソードの数々は、まさに現代社会における“あるある”と言えるのかも!?  「ママ友社会で上手くいかないと、子どもに友達ができなくなるわよ」物語冒頭で何気なく囁かれたその台詞が、象徴的に響く作品となっています。

加えて本作の後半では、上記のような表面化した嫉妬以上に、水面下で着々と蓄積されていた“見えない嫉妬”に潜む罠が描かれていきます。菅野美穂さん演じる主人公・高野亜紀が、唯一頼れる相手だと思っていた隣人・佐々木弓子(松嶋菜々子)。彼女の、女としての嫉妬…そして裏切り――。その小さな綻びが、親愛なる夫そして息子との信頼関係をも揺るがす事態へと繋がっていく様は、見ていて思わず冷たい感覚が背筋を伝うので要注意!

普段自分が何気なく発している言動が、もしかしたら、誰かの心を深く傷つけているかもしれない…? 物語はまだまだ、二転三転しそうな気配がありますので、あなたも見えない恐怖の連載に巻き込まないよう、心してご覧くださいませ。

■ドロッドロ過ぎる“嫉妬心”
憎しみで団結する「黒い十人の女」

またもうひとつ、深夜枠ながら「まさに2016年不倫ネタの集大成」として注目を集めている作品があります。本日1日(木)最終話を迎えるバカリズムさん脚本ドラマ「黒い十人の女」です。

本作は、1961年に市川崑監督が独特の世界観で描いた同名映画のリメイク。船越英一郎さん演じるドラマプロデューサー・風松吉が、妻と9人の愛人――会社の受付嬢から、担当ドラマのスタッフ、出演女優とそのマネージャー、同僚の妻など――と摩訶不思議な恋愛を繰り広げるラブサスペンスとなっています。

「砂の塔」と比べるとかなりソフトタッチではありますが(笑)、それでも“女の嫉妬”の怖さを描いている点は同じ。最初は「彼が一番愛しているのは私」「私の方が彼のことをよくわかっている」と、お互いにライバル心むき出しだった愛人達。しかしながら、いざ男から「別れよう」と切り出された途端、女性達は一致団結して風を殺そうと画策し始めるのです。悪いのは9股をかけている男なのだから、彼を消してしまえば全てが解決するはず…。愛憎感情の積み重なりにより、冷静な判断ができなくなっている辺りが、非常にリアルな女心と言えるのではないでしょうか。最終回が一体どんな結末を迎えるのか、とても楽しみですね!

さらにこれまでの放送では、嫉妬のあまり、飲んでいたカフェオレを、カルーア・ミルクを、さらには飲み屋で中華丼を頭から掛け合うという女対決が見物でした! バカリズムさんのことですから、きっとラストにその回収が行われるはず(笑) 是非、ご注目あれ~。

以上、いかがでしたか? いずれの作品も、若干“人間不信”になりそうなテーマですが、あくまでフィクションですのでご安心を。いよいよラストスパートに入る秋ドラマ。最後までとくとお楽しみください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2度目の打ち切りへ?「マツコの知らない世界」のヤラセに視聴者から批判殺到
「女性経験がありません」逃げ恥・平匡の告白に、女性ファン悶絶!
好調『逃げ恥』と停滞『地味スゴ』......今期“ヒロインかわいいドラマ”どうして差がついた?
ノンスタ井上他、番組で“ヤバい病気”が発覚した芸能人
成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加