トヨタ 2000GT、東京モーターショーで復活の噂...スープラ お披露目は後ろ倒しか

トヨタ 2000GT、東京モーターショーで復活の噂...スープラ お披露目は後ろ倒しか

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/12
No image

トヨタ 2000GT 復活なるか(画像は予想CG)

もっと画像を見る
トヨタが1967年から1970年まで生産した伝説のスポーツカー『2000GT』の復活が噂されている。果たしてそのベースとなるコンセプトカーは、東京モーターショーに出展されるのだろうか。

「2000GT」はヤマハ発動機と共同開発され、最高出力150psを発揮する「MF10型」2リットル直列6気筒エンジンを搭載、『007』のボンドカーに抜擢されたことも後押しして無敵のスポーツカーと言われた。当時の発売価格238万円は、大卒者の平均初任給2万6000円の約100倍で、現在に換算すると約2000万円以上とも伝えられている。

2017年の今年、生誕50周年を迎える2000GTへの復活待望論が海外からも上がっている。果たして足がかりとなるコンセプトカーは登場するのだろうか。今回Spyder7では、期待を込めて予想CGを制作した。ロングノーズシルエットデザインを基調とし、サイドは大胆な膨らみで力強さをアピール。グリルは往年のデザインを移植し、レトロ感のある丸型ヘッドライトには月形LEDデイタイムランニングライトを装備。世界のスーパーカーシーンにも通用するエクステリアに仕上げた。

海外エージェントからのレポートによれば、パワートレインはBMW製の新世代3リットル直列6気筒エンジン、又は新型『スープラ』と共有する3リットルV型6気筒新型エンジンで、最高出力は500ps以上と伝えられている。

10月27日に開催される「東京モーターショー2017」でのワールドプレミアが期待されていたスープラ次期型は、出展が微妙な状況とみられている。現段階でトヨタから出展が確定している2ドアスポーツは、「GR HVスポーツ コンセプト」のみだ。サプライズで「2000GT」復活なるか、公開に期待がかかる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
「日本初のコンタクトレンズ誕生の地」記念プレート撤去へ 名古屋で266年続くメガネ店「玉水屋」11月末閉店
ホテルオークラ、世界で一大超高級ホテル網構築計画始動
デジタル化の激流の中、大変身を迫られる物流企業
【東京モーターショー2017】トヨタが『CROWN Concept』や『TS050 HYBRID』などを公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加